東京 渋谷区 港区 中央区 千代田区 目黒区 新宿区 個室パーソナルトレーニング 出張パーソナルトレーニング

フィットネスデリバリー

LandysChemist / Pixabay

パーソナルトレーニング

【パーソナルトレーニング出張 東京 】おすすめのパーソナルトレーナー パーソナルトレーナーの選び方

投稿日:2018年8月28日 更新日:

【港区 渋谷区 中央区 千代田区 品川区 江東区 世田谷区 文京区】を中心に、

《出張パーソナルトレーニング 》《姿勢改善パーソナルトレーニング 》《パーソナルストレッチ・ボディケアマッサージ》を行っているフィットネスデリバリーのパーソナルトレーナー赤石啓明です!

今回は自分ならこういうトレーナーに教わりたいな、離れた友人にこういう方をおすすめしたいなという、おすすめトレーナーの条件について考えてみます。

 

記録・データをとるトレーナー

記録・データは大切

記録・データはどういった仕事をする上でも大切ですよね。パーソナルトレーニングでは過去の記録・データを元にその日のエクササイズや重量を決めていきます。初めて行うエクササイズだとしても、違うエクササイズについてのデータがあれば、おおよその目安をつけて、お客様に提案することができます。また、過去と比較することでその日のコンディションを確認できます。

記録をとるメリット

  • 斬新的なトレーニングができる(トレーニングは様々な形で体への刺激を変えていくことで身体能力が向上していきます)
  • 新しく行うエクササイズでも、予測ができる
  • 重量を重くしたい時に過去のデータから、何キロで何回ならできると予測できる
  • 不調の際にいつと比べてどれくらい調子が悪いか分析できる
  • どれくらい成長したか数字でわかる

記録・データをとっていないと

毎回、なんとなくの重量やエクササイズから始めることになる。具体的な目標を立てにくい。現状伸びているか停滞しているかわかりにくい

結果、非効率なトレーニングとなってしまいます。

 

自分でトレーニングしているトレーナー

トレーニングしていなくても

パーソナルトレーニングで1番多いセッション時間は60分かと思います。60分の中でできる、エクササイズの種類は結構限られてきます。効果や効率の面から、こういう方にはこういうエクササイズというのは大方決まってきます。そのため、普段からトレーニングしておらず細い腕をしていたり、2週間の研修のみの大手個室パーソナルジムのような方でもパーソナルトレーナーとして指導できます。

 

トレーニングしていないと融通が効かない

優先順位が高いエクササイズというのは似通ってくる場合が多いです。しかし、腰痛がある、肘が痛い、この動きをすると痛みがある、そういった時に自分でトレーニングしているトレーナーでないと対応できない場合があります。どういった動きの時に、どの範囲で痛いかによってできるエクササイズは変わってきます。それを理解していて、且つ自分でトレーニングしているトレーナーの場合は体感しているので、いざとなった時の提案力があります。

 

なぜそのエクササイズを選んだか説明できる

エクササイズには種類がある

レジスタンストレーニングにはPOF法と呼ばれるテクニックがあります。例えば、同じ胸のトレーニングでもベンチプレスとダンベルフライとペックフライでは目的が違ってきます。大きな力を出すトレーニングか、ストレッチされる種目か、収縮される種目か。またその順番も大切になります。

選んだエクササイズには必ず理由を説明できなければならない。

 

なぜその順番か説明できる

エクササイズには順番がある

エクササイズは基本的に全身を大きく動かすトレーニングが、優先されます。例えばパーソナルトレーニングの際に、腕の力こぶの部分のトレーニングを行い、その後、脚を使いしゃがんだり立ったり全身を大きく動かすエクササイズを行うのは、何も理由がない限り間違いだと言えます。

順番は効率的なトレーニングだけでなく、怪我予防にも大切です。

 

握り方の違いを説明できる

握り方によって効果は変わる

同じマシンを使うにしても、手を置く位置が二箇所あるものもあります。またケーブルマシンは、違う握り方をする取っ手に変えることができます。取っ手を変えることで、関節の動きが変わり、関節の動きが変われば筋肉の動きも変わります。その際にその説明ができて、目的をもって選んでいるトレーナーはしっかりしているのではないかと思います。

 

クライアントのトレーニング時間を考慮できる

お客様によってトレーニング時間は違う

お客様によって週1回だったり2回、またパーソナルトレーニング以外に自分でトレーニングされる方もいるかもしれません。そういった時に、週1回の方と、週3回の方では行うメニューが変わってきます。その部分を把握して、種目の提案をしてくれるトレーナーがいいトレーナーなのではないかと思います。

 

1番は安全

安全第一

パーソナルトレーナーの仕事として、安全にトレーニングが行えることを指導する、というのが1番大切なのではないかと思います。例えば初心者の方で、バーベルを使う際、親指を回さずに握ってもらうようなことは絶対にしません。万が一落としてしまったら大怪我につながります。親指の例に限らず、安全面含め注意深く観察しているトレーナーを選びましょう。

 

出張パーソナルトレーニング 姿勢改善パーソナルトレーニング

あなた専属のパーソナルトレーナー

フィットネスデリバリーでは、パーソナルトレーニングだけではなく、パートナーストレッチボディケアマッサージもトレーニングと組み合わせて行っております。日頃からお疲れの方、なかなか運動が続かない方、姿勢の悪さが気になる方でも、安心して継続的に運動を続けることができます。

東京の港区、渋谷区、中央区、千代田区、目黒区、文京区、世田谷区、品川区、新宿区、江東区を中心としておりますが、その他の地域の方もご相談ください。ただいまモニター様は最大30%オフ!

六本木エリアに関しては遅いお時間のご相談も承っております。

-パーソナルトレーニング

Copyright© フィットネスデリバリー , 2021 All Rights Reserved.